箸ができるまで その2

今回は箸ができるまでその2です。

前回(その1)では、かんなとベルトディスクサンダーで
断面が五角形の状態にするまで紹介しました。
材料は違いますがこんな状態です。

 

 

 

 

 

持つ方から見た画像           先端から見た画像

④ 先端の仕上げ

箸の先端を仕上げていきます。
2本の先端の細さを合わせるとともに、先端まで五角形に仕上げます。
子ども用の箸は危険防止のため、大人用ほど先端を細くしないようにしています。

 

 

 

 

 

持つ方から見た像            先端から見た画像

先端に角度をつけることにより、
先端全体(「点」ではなく「線」で)つかめるようにしています。

 

 

 

 

 

先端が合わさる様子

⑤最終仕上げ
このままだと五角形の角(稜線)が痛いので、紙やすりで少し角をとっていきます。
あまり削りすぎると(特に先端)断面が丸に近づくため、麺などつかみにくくなるので
「指が痛くない程度」を目標にしています。

⑥塗装
オイルフィニッシュと呼ばれる塗装です。
子どもにも安心して使っていただけるように、乾燥性の食用油(現在はえごま油)を使って、繰り返し塗装しています。
なお、化学的なものに比べて塗装が弱いです。
繰り返しオイルフィニッシュの塗装をしても弱いです。
洗った後は、なるべく水気を切ってから保管をお願いします。

その他
名前を入れることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

つじいゆき公式メールマガジンのご案内

メルマガ内で無料体験セッションのご案内をしています。(毎月限定人数)
ぜひ、ご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です