自分の女性性を見つめなおすきっかけ

 

私が小学生だった頃
我が家は両親がケンカが絶えなかったこと、
兄が反抗期にさしかかり、
家庭内暴力という言葉が社会問題になっていたこともあり、

私はよく母から「子どもなんて無理して産まなくてもいい。
産んだからって幸せになれるとは限らない」と言われて育った。

何事も悲観的な言葉を発する傾向がある母。

時代も20世紀末、環境問題も問題視されて、
この世界が持続可能なのか懸念される風潮のなか、

大人になった私は、
「子どもを産んでも、その子どもはこの地球で
幸せに生きられないのではないか」、


「子どもは幸せになれないかもしれないのに、

この世に命を産み出していいのだろうか」

と思ってしまう自分がいた。

小さな子どもと接することのないまま、
子どもってなんか苦手だなって思いながら、
社会人になった。

20代半ばすぎ、自分をもてあましながら、ふと読んだ本。

『オニババ化する女たち』(三砂ちづる著)

衝撃を受けた。

自分の女性性を見つめなおすきっかけとなった。

きっと後悔する。

身体を全うさせてあげよう。

身体の奥深くの声にしたがおう、と思えた本でした。

そして今でいう婚活を始めたのでした(^^;

今回のコロナ騒動で、そんなことを思い出したのでした。

続く、、

Follow me!

つじいゆき公式メールマガジンのご案内

メルマガ内で無料体験セッションのご案内をしています。(毎月限定人数)
ぜひ、ご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です